西東京市保谷のマッサージ&ヨガならリタルダンド

アクセスご予約・スケジュール
〒202-0012 東京都西東京市東町3-14-23 アイランズアパートメント

電話 090-6532-3965
営業時間 10:00~21:00

ブログ

2人目の自宅出産

2020/10/21

皆さま、こんにちは。リタルダンドの千秋です。

去年の8月下旬に第二子を出産してから1年と少しが経ちました。
出産後1ヶ月からマッサージのお仕事は再開していましたが
子育て中心で休みがちにお仕事をしておりました。
1年経過したので産休気分を改めて、マッサージの技術やお店の諸業務
もう少し力を入れて行なっていきたいと思っております。

リタルダンドをご利用頂くお客様にマタニティーのお客様も多くいらっしゃり、
たくさんの出産体験を伺うのですが、本当にそれぞれのエピソードがおありだなと感じます。
何が起こるか分からない…そんな大変なお産の状況下で
安全を第一に適切に判断を下していく助産師さんや産科のお医者様達は
本当に凄いお仕事だと感じます。

第一子に引き続き、私は今回も自宅出産で産むことにしました。
前回同様、東久留米にあるさかもと助産所の坂本さんにお願いしました。
8月出産予定の第二子。
今回本当に助産所にお願いして良かった!
と思ったのは往診をしてくれる事です。
もう暑くて、暑くて。そして2歳の子供を連れながらの検診は妊婦にとって大変なんです。
助産院では往診も対応してくれるので、
炎天下の中で小さな子供を抱えながら移動しなくて済むのは大変ありがたい事でした。

38週に入るあたりまでお仕事しつつ、いつ生まれるかなぁと待つ日々。
前回の出産体験紀にも書いたのですが子供のバースチャート(出生時の天体位置)と
親のバースチャートの関連性を感じている私は獅子座の間には生まれないと踏んでおりました。
私、獅子座と関係が全くなく、獅子座の次に来る乙女座は関連度がかなり高いのです。
乙女座は私の月星座、だから乙女座になってから生まれるな…となんとなく思っていました。
太陽星座が移動するのは各月の20日前後なのですが
この年の太陽のイングレス(運行)は8/23 19:02に獅子座から乙女座へ移動でした。

それまでは生まれないかなぁ…とか思いつつも大きなお腹にウンザリ。
早く産みたい気持ちは日に日に大きくなるわけです。映画館に行くと産気づいたりするよ。
と聞いたりしていたのでユナイテッド・シネマ豊島園の抱っこdeシネマという
子連れOKの映画館で映画を見たりしました。
この抱っこdeシネマって小さな赤ちゃんと一緒に映画館へ行けるので
ファミリーにオススメなのですが、残念ながら今はコロナウイルスの影響でやっていないようです。

もちろん、産休に入ってからは出来る限り歩くようにして、
お散歩の合間の公園で赤ちゃんの体勢を整えてあげる四つ這い運動なんかもしておりました。
今、思い返しても臨月のお腹は重たいです。

下半身が夏でも冷えないようにホットストーンを使ってマッサージをしたり。
リタルダンドでは妊婦さん向けのアロマトリートメントもコースにありますが、
妊婦さんのトリートメントはとても良いです!
足はむくみやすくなってますし、お腹が重いので背中は張りますから。
特にお医者様から注意を受けていなければセルフケアをしても大丈夫です。
脚は少し強めに刺激してもOK。(でも気持ち良い位の圧にしてくださいね。)
いつ産まれてもいい正産期であれば何の精油を使ってもOKです。
自分自身が気持ち良いと思う香りを使って下さい。

何の精油をと書きましたが、あんまり刺激の強い精油はNGです。
アロマ環境協会で試験範囲に出る一般的な30種を目安にして下さい。
ウィンターグリーンとかヒソップとか毒性の高いものはバツ!
というよりこんな精油、ふつうのアロマショップで販売されてないので大丈夫だと思うのですが、
念のため注記させて頂きました。

そしてやってきた8/23 太陽のイングレス。
来ました!陣痛が!!
時刻は8/23 21時過ぎです。
2歳の息子のトイレに付き合って、息子が便座の上で「うん、うん」言っている時。
あっ、お腹がちょっと痛いな。
生理が始まりそうな痛み。
そんな痛みから始まりました。
21:10まで夫はヨガクラスの担当だから帰ってくるのはもう少し先だなぁ。
なんて考えてました。とりあえず助産院に陣痛っぽいことを連絡します。

生まれるのはまだ先だから息子を寝かしつけて、
本格的に陣痛が始まる前に西友へ行って贅沢にハーゲンダッツでも食べようと買いに出かけました。
お茶やジュース、アイスなんかを買ってだんだん短くなってくる陣痛間隔。
焦っても仕方ないのでフットバスでもしますか…と夫が準備してくれます。
足首、緩めておきたいですから妊婦さんのフットバスもすごくオススメしています。
フットバスをしながら足先を温めて、ホットストーンを鼠蹊部へ当てています。
温めてあげるとお腹の赤ちゃんも心地よいようでグルグル回り始めます。

23時頃、間隔が短くなってくるのでもう一度助産院へ電話。
電話している時はまだまだ余裕な痛み。
なので坂本さんが一度訪問した方が良いか聞いてくれたのですが、
うーん大丈夫かな?とか思いつつ、ちょっと悩んでやっぱり来てくださいとお願いしました。
お願いして正解。
坂本さんが来てくれる30分ほどの間で超痛くなってきた!
お産は2人の助産師さん体制でケアしてくれるので、
坂本さんも状況をみてすぐにヘルプの助産師さん・柴さんを呼んでくれました。

あれ?なんかすぐ産まれちゃうのかしら?と思ったの…ですが…。
そんな簡単には行かないのです。
痛いし、暑いし、夫の淳平先生は明日朝8:20からアシュタンガヨガのクラスあるしなー、
その前に産みたいなー、でも今のタイミングって引き潮じゃん。
とか考えちゃうんですよね。(引き潮より満ち潮の方が生まれやすいって一般的には言われてます。)

日付が変わって2時ごろ、私、結構痛みを耐えたはず。
だから改めて子宮口を見てもらうと、
坂本さんが「あっ、閉じちゃった」って言われたときの絶望。
もう、私のこの数時間の頑張りってなんだったの!

破水をしていなかったのでお風呂に入ったら?
とアドバイスを受けて夫が準備してくれます。
そしてお湯の中で痛みを逃して、そしてついに出てくる瞬間が3時過ぎでした。
合計4時間ほどの時間でしたが、やっぱり長く感じます。
第一子に比べれば短いし、ほかの長くかかっているお母さん達からすると
4時間じゃんって感じだと思うんですが、
やっぱりお産って大変ですから、
私より短い時間の人だって、長い人だって、
長かった…と思うのではないでしょうか。

自宅出産中の息子がどうしていたかというと、ずっと寝てました。
そして生まれる!っていう瞬間に起きて駆け寄ってきました。
別に心配して駆け寄るとかじゃないですけどね。

どうして明け方のあんな時間に起きたのかは分かりませんが、
何かを察知して起きたのかもしれません。
後産の間、息子はずっと見てました。
私の股から胎盤などが排出される様を。
第二子のへその緒が赤ちゃんの首に巻きついていたので少し出てくるのに時間がかかったそうです。
最後に時間がかかると出血が増えるそうですが、
そんなドバドバっと出てくるグロテスクな胎盤&血液を2歳の息子は何も気にせず見ていました。
怖くないもんなんですね。

こんな感じで2回目の自宅出産が終わりました。今回も無事に産めたことに感謝です。

一覧へ